PR

産経WEST 産経WEST

【スニーカーエイジ】けいおん!輝く先輩に憧れ4年連続「23日にGP優勝!」近大付高・村雲さん

Messenger
グランプリ大会に向けて練習する村雲さん(右から2人目)ら近畿大学付属高校のメンバー=大阪府東大阪市
グランプリ大会に向けて練習する村雲さん(右から2人目)ら近畿大学付属高校のメンバー=大阪府東大阪市

 23日に開催される高校・中学の軽音楽系クラブコンテスト「We are Sneaker Ages(略称・スニーカーエイジ)」のグランプリ大会に、近畿大学付属高校2年の村雲日菜多(ひなた)さん(16)が、中学時代を含め4年連続で“夢のステージ”に立つ。来年で引退するため最後のグランプリ大会出場になるが、「優勝したい気持ちは誰にも負けません」と力を込める。(格清政典)

 小学生時代に、軽音楽部に所属する女子高生たちの日常を描いた人気アニメ「けいおん!」の影響を受けて、平成26(2014)年に大阪市立平野北中学に入学すると軽音楽部に入部。同年末にグランプリ大会初出場を決めた先輩たちがステージ上で輝く姿を見て「私もあの舞台に立ちたい」と憧れを抱くようになった。

バンドリーダーで、メインボーカルの村雲日菜多さん
バンドリーダーで、メインボーカルの村雲日菜多さん

 中学2年ではメインボーカルとして憧れのステージに立ったが「感動と緊張でまったく覚えていません」と振り返った。中学3年のときにもグランプリ大会に出場したが、「高校生との力の差を感じた」という。

 高校進学を考えた際、「スニーカーエイジから離れたくない」との思いから過去6回の優勝を誇る強豪・近大付高を選んだ。「どんなことをしたら強くなれるのか興味を持ったから」と説明する。

バンドリーダーで、メインボーカルの村雲日菜多さん
バンドリーダーで、メインボーカルの村雲日菜多さん

 高校1年のときにもグランプリ大会に出場して準優勝。そして、今回、最後となる高校2年のグランプリ大会では部長兼バンドリーダーで、メインボーカルとして臨む。近大付高は14年連続のグランプリ大会出場となり、「8月の予選会ではプレッシャーもありましたが、メンバーがいたから、出場できました」と笑顔を見せる。

 「私の人生を変えてくれた」と語るスニーカーエイジの魅力について「クラブ単位で対戦でき、応援団の存在も含めて、部活を良くしてくれる大会」という。将来についても「スニーカーエイジにかかわっていきたいし、音楽は続けたい」と目を輝かせた。

バンドリーダーで、メインボーカルの村雲日菜多さん
バンドリーダーで、メインボーカルの村雲日菜多さん

 「今年で最後と思うと寂しさもある」と話しながらも最終調整に追われているが、「このメンバーで優勝したい」と力強く語っていた。

     ◇

 23日、おおきにアリーナ舞洲(まいしま)(大阪市此花区、旧・府民共済SUPERアリーナ)で開催の「We are Sneaker Ages」グランプリ大会(産経新聞社・三木楽器グループ主催、大阪芸術大学グループ特別協賛)の模様は、インターネットの動画配信サービス「FRESH LIVE」( https://freshlive.tv/ )でライブ配信される。

 会場での観覧には入場券(無料)が必要。入場券は三木楽器( https://www.miki.co.jp/ )の梅田店、アメリカ村店ほかで配布(なくなり次第終了)。大会ホームページからもダウンロードできる。問い合わせは大会本部(06・6225・8740、平日午前10時~午後7時、https://www.sneakerages.jp/ )。

▼【関連ニュース】大阪府・京都府の代表校「憧れ・感動・つながり…」

▼【関連ニュース】奈良県の代表校「悲願Vへ“輝く月”」「表情も研究」…

バンドリーダーで、メインボーカルの村雲日菜多さん
バンドリーダーで、メインボーカルの村雲日菜多さん

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ