PR

産経WEST 産経WEST

岸和田市議会百条委 前市長の信貴芳則氏「自民党への政治献金と認識」

Messenger
大阪府岸和田市で開かれた百条委員会で、証人喚問のため議場に入る信貴芳則前市長=20日午後
大阪府岸和田市で開かれた百条委員会で、証人喚問のため議場に入る信貴芳則前市長=20日午後

 大阪府岸和田市の信貴芳則・前市長の現金提供問題を追及する市議会の政治資金問題調査特別委員会(百条委)が20日開かれ、証人として出席した信貴氏は現金を送った事実を改めて認め、「自民党への政治献金だったと認識している」などと、従来の主張を繰り返し述べた。

 百条委では1月、信貴氏から預かった現金200万円を党大阪府第18選挙区支部長の神谷昇衆院議員=比例近畿=に渡したとされる元党岸和田支部組織部長の日田孝志氏を、7月には神谷氏をそれぞれ証人喚問。日田氏は「現金を神谷氏に渡した」と証言したが、神谷氏は「事実無根」と否定していた。

 信貴氏はこの日の百条委で「神谷氏と面識がなく、自民党とのパイプもなかっので、日田氏にすべて任せた。神谷氏を通じて選挙区支部へいったと思っている」と述べた。

 信貴氏は初当選した平成25年の市長選前に日田氏に現金を渡したことが昨年11月の再選直後に発覚し、辞職。2月の出直し市長選では落選した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ