PR

産経WEST 産経WEST

大阪・寝屋川中1男女殺害で山田浩二被告に死刑判決

 平成27年8月に大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん=当時(13)=と同級生の星野凌斗(りょうと)さん=同(12)=が殺害された事件の裁判員裁判の判決公判で、大阪地裁は19日、2人への殺人罪に問われた山田浩二被告(48)に求刑通り死刑を言い渡した。2人への殺意があったと認め、2人に対する殺人罪が成立すると認定した。事件当時の完全責任能力もあったと認めた。

 浅香竜太裁判長は同日午後2時ごろに開廷した判決公判で、主文の言い渡しを後回しにし、理由の朗読から始めていた。

 山田被告を犯人だとする直接証拠のない中、公判で山田被告は、2人のいずれも「殺すつもりはなかった」と起訴内容を否認していた。

 一方、検察側は2人の生前の健康状態や遺体の状況、死亡直前に行動をともにしていたなどの状況証拠から、山田被告が犯人だと強調。犯行当時の刑事責任能力に問題はなく、前科などから更生可能性はないなどと訴え、死刑を求めていた。

 山田被告は、大阪府内かその周辺で、27年8月13日午後7時ごろから同11時10分ごろまでの間、平田さんの首を手などで圧迫し、顔に粘着テープを何重にも巻き付けるなどして窒息させて殺害。同日ごろ、星野さんの首を何らかの方法で圧迫し、窒息死させたとして、起訴された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ