PR

産経WEST 産経WEST

京都・石清水八幡宮で迎春準備 縁起物など点検

Messenger
正月用の縁起物の点検などを行う巫女ら=八幡市
正月用の縁起物の点検などを行う巫女ら=八幡市

 京都府八幡市の石清水八幡宮で正月用の縁起物の御神矢(ごしんや)や干支(えと)の置物などの点検作業が始まり、迎春準備に追われている。

 同宮が祭る八幡大神の霊力の象徴である御神矢2万8千本のほか、来年の干支の「亥」の置物など24種類計6500個を用意。神職や巫女(みこ)らは縁起物に破損がないかなどの点検、調整を入念に行っていた。作業は冬至の22日まで続く。

 22日には、境内で採取した竹で作ったジャンボ御神矢一対を社殿に飾り付けるなどして新しい年に備える。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ