PR

産経WEST 産経WEST

拳銃をコンビニトイレに置き忘れ 大阪府警巡査

Messenger

 大阪府警は15日、機動隊所属の男性巡査が、大阪市内のコンビニエンスストアのトイレに実弾入りの拳銃や手錠などを一時、置き忘れたと発表した。店の従業員が発見し、別の隊員に届け出た。拳銃が使用された形跡はなかったという。

 府警警備課によると、15日午前7時20分ごろ、大阪市北区西天満のコンビニエンスストア「デイリーヤマザキ西天満2丁目店」で、近くの駐大阪・神戸米国総領事館の警備を担当する20代の男性機動隊員(巡査)が店内のトイレを利用。その際、「帯革(たいかく)」というベルトを外し、実弾入りの回転式拳銃と手錠を取り付けたままの状態で置き忘れた。

 約10分後、トイレに入った店の従業員が発見。近くにいた別の機動隊員に知らせた。拳銃類を置き忘れた巡査は当時待機中で、置き忘れに気付いていなかったという。

 府警警備課の藤井常夫調査官は「装備品などの適正保管および管理を徹底し、再発防止に努めていく」とのコメントを発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ