PR

産経WEST 産経WEST

韓国の中学から竹島教育批判のはがき 島根の中学に41通

島根県内の中学校に届いた竹島を巡る日本の歴史教育を批判するはがき(島根県提供)
島根県内の中学校に届いた竹島を巡る日本の歴史教育を批判するはがき(島根県提供)

 韓国の女子中学校の生徒名で、日本の竹島教育を批判するはがき41通が島根県内の中学校に届いていたことが14日、わかった。県は国に報告し同日、竹島問題研究会座長名で反論の手紙を中学校に送った。同県に同様の郵便物が届くのは、昨年5月に続き2例目。

 県竹島対策室によると、はがきは11月26、27日に県内の1校に届いた。竹島(同県隠岐の島町)について「韓国のもので、日本は誤った教育をしている」などと抗議する内容で、実在する女子中学名や生徒名が記されていた。筆跡などから、送り主は1通1人、計41人とみられるという。

 県によると、反論の手紙は、竹島が韓国領だとする生徒の主張を否定し、その根拠について「みなさんも『文献批判』を行って、事実を明らかにする必要がある」などとしている。

 同研究会の下條正男座長は「韓国では竹島問題について実践的な活動を奨励しており、今後も同様の活動が続く」とみている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ