PR

産経WEST 産経WEST

“ミッキーハウス”・ブランド品爆買い 1億円着服の元経理担当

Messenger
北村被告が購入した人気キャラクター「ミッキーマウス」があしらわれた民家
北村被告が購入した人気キャラクター「ミッキーマウス」があしらわれた民家

 兵庫県三木市の土木建築会社「神和商事」の資金を横領したとして、神戸地検特別刑事部が総額約1億円の着服を裏付けた元経理担当役員、北村緑被告(56)は、着服した金をブランド品の購入費や人気キャラクター「ミッキーマウス」をあしらった住宅の建築費に充てるなど、約15年間にわたり散財の限りを尽くしたとされる。時効分を含め実際の被害額は5億円に上る可能性もあり、同社の神行(かんぎょう)武彦社長(59)は「私が現場派なので経理に目が届かなかった。(北村被告を)信頼したのが間違いだった」と悔やむ。

 同社の調査によると、北村被告の不正が始まったのは入社2年後の平成13年ごろ。当初は私的な飲食費や日用品の購入費を会社の経費として精算する程度だった。ところが、会社の財布を一手に握る立場を悪用し、手口は徐々にエスカレート。会社の小切手に適当な金額を書き込み金融機関に持ち込んで現金化していたほか、反りの合わない従業員のボーナスを独断でカットし、正規の支給額との差額を着服していた。

 同社がブランドショップなどから取り寄せた北村被告の購入履歴によると、少なくとも約15年前から衣類や装飾品などを「爆買い」しており、ブランド品の購入総額は約1億9千万円。また、無類のディズニーファンだったという北村被告は26年ごろ、趣味が高じて壁面にミッキーマウスが描かれた2階建ての一戸建て住宅を約4500万円で建てた。

 北村被告の在籍時の年収は約1千万円といい、神行社長は「給料だけでブランド品や高額な不動産は購入できない」と指摘。記録が残っていない分や使途不明金などを含めると「被害は5億円に上る」と主張している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ