PR

産経WEST 産経WEST

1億円超脱税のたこ焼き店主に有罪判決 大阪地裁

Messenger

 大阪城公園(大阪市中央区)内でたこ焼きなどを販売する飲食店「宮本茶屋」を経営し、売り上げなどから得られた所得を隠して脱税したとして、所得税法違反罪に問われた宇都宮タツ子被告(72)=同市西成区=に対する判決公判が12日、大阪地裁で開かれた。増田啓祐裁判長は「脱税額が3年で約1億3千万円という結果は重大」として懲役1年、執行猶予3年、罰金2600万円(求刑懲役1年、罰金3900万円)を言い渡した。

 増田裁判長は判決理由で、宇都宮被告が公判で「納税方法が分からなかった」と述べたことに触れ、「分からないのであれば、税務署などに相談すべきだった」と非難した。

 判決によると、宇都宮被告は平成26~28年までの3年間で、約3億3千万円の所得があったのに全く申告せず、所得税計約1億3千万円を脱税した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ