PR

産経WEST 産経WEST

古墳時代の短甲型紙 新たに5種類確認

Messenger

 研究グループはまた、奈良先端科学技術大学院大学の高松淳准教授との共同研究で、3次元計測データをコンピューター処理し、湾曲した部材を自動的に平面画像として表示する技術を開発。形状の微妙な違いを数値化できる可能性が出てきたという。

 吉村学芸課長は「短甲の工房は見つかっていない。部材を調査することで、どこでどのように作られたのかという謎に迫っていきたい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ