PR

産経WEST 産経WEST

古墳時代の短甲型紙 新たに5種類確認

Messenger
研究成果を説明する吉村和昭学芸課長=奈良県橿原市の橿原考古学研究所付属博物館
研究成果を説明する吉村和昭学芸課長=奈良県橿原市の橿原考古学研究所付属博物館

 奈良や宮崎で出土した古墳時代の短(たん)甲(こう)(鉄製胴(どう)甲(よろい))を橿原考古学研究所付属博物館(奈良県橿原市)が3次元計測した結果、製作時に「型紙」(設計図)を使用していたとみられることが分かり、同館の吉村和昭学芸課長らの研究グループが7日発表した。大きさと形状が同一の部材が新たに5種類確認されたといい、同館は8~23日に研究資料を展示する。

 10以上の鉄板を鋲(びょう)留(どめ)してつくられる短甲を3次元計測し、データを比較して調査。大きさと形状が同じ部材が最上部の「押(おし)付(つけ)板(いた)」で2種類、上から2段目の「竪(たて)上(あげ)第2段」で3種類確認された。西都原4号地下式横穴墓(宮崎県)で出土した短甲の押付板のほか、新沢千塚510号墳(橿原市)と後出3号墳(宇陀市)の竪上第2段の部材が同じだった。

 調査したのは、奈良、宮崎、長野、群馬などで見つかった短甲計74領。これまでに2種類の押付板で型紙の存在が確認されていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ