PR

産経WEST 産経WEST

【昭和39年物語】(16)「魔術師」三原脩…名将の魔術 首位に立つ大洋

Messenger

 ある試合でのこと。1死三塁のチャンスで打席に入ろうとした土井は三原監督に呼び止められた。「スクイズをやる。だが、サインはお前が出せ。自分でここだと思うタイミングで三塁走者に出すんだ」。土井は身が引き締まったという。

 「いつもこう言っていた。『ボクは一流選手が欲しいんじゃない。チームのために何をどうすればいいかを知っている超二流選手が欲しいんだ。派手でなくていい。チームのためにコツコツ働く選手が好きだ』とね」

 その三原大洋が、いきなり3ゲーム差をつけて首位に立った。こちらは「春の珍事」ではなかった。

=敬称略 (田所龍一)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ