PR

産経WEST 産経WEST

「ママ活」の高2男子補導 3千円求め投稿

Messenger

 ツイッター上でデートをするなどと誘って女性に経済的な対価を求める「ママ活」をしたとして、岐阜県警が愛知県内の高校2年の男子生徒(17)を補導していたことが7日、岐阜県警への取材で分かった。生徒は「小遣いを稼ぐ目的で、初めて投稿した」と反省した様子だったという。

 県警によると、少年課の捜査員が10月下旬、サイバーパトロールで「愛知住みでママ活したいな~、金欠だし#高校生」との投稿を発見した。捜査員が30代女性を名乗り、応じる内容で返信。生徒は3千円を求め、会うことが決まった。

 生徒は11月中旬、待ち合わせ場所のJR岐阜駅に現れたため、県警は不良行為と判断、生徒を補導した。

 県警はこれまで「パパ活」をした少女を補導したことはあるが、「ママ活」での補導は初めてとしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ