PR

産経WEST 産経WEST

西明石駅、新幹線線路に車いす…ブレーキかけ忘れ

Messenger

 5日午後7時15分ごろ、兵庫県明石市のJR西明石駅の山陽新幹線下り線ホームにいた乗客から、線路に車いすが落ちていると申告があり、駅係員が非常停止ボタンを押した。

 JR西日本によると、駅で貸し出している介助用の車いす。到着する乗客のため別の係員がホームに準備していたが、ブレーキをかけ忘れ、傾斜があるホームを進み落下した。新幹線との接触はなく、けが人はいなかった。

 車いすの撤去で、山陽新幹線は上下線計8本が5~15分遅れ、約3700人に影響した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ