PR

産経WEST 産経WEST

障害者も楽しんで 尼崎のパチンコ店で競技大会

Messenger

 兵庫県遊技業組合連合会青年部会は4日、尼崎市次屋のパチンコ店「ワールド」で、障害者らに日頃のストレスを発散してもらおうとパチンコ競技大会を開催した。また、県社会福祉協議会などに計110万円を寄付した。

 青年部会は昭和50年、パチンコを身近な娯楽にし、豊かな心を育んでもらおうと設立。競技大会や障害者のイベントを開催するほか、定期的に同協議会などに寄付を行ってきた。

 この日は、県内の福祉施設に入所する知的障害者ら44人が参加。4人1組でチームを組み、青年部会のメンバーから指示を受けながら、60分以内での出玉数を競い合った。

 青年部会長の米田邦広さん(43)は「障害者はパチンコ店に足を運ぶことが難しく、楽しんでもらえてよかった」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ