PR

産経WEST 産経WEST

大阪府警、事前通報も特殊詐欺見抜けず

Messenger

 特殊詐欺の被害前に金融機関から通報を受けたにもかかわらず、大阪府警港署の50代の男性巡査部長が詐欺と見抜けず、高齢女性が現金約300万円をだまし取られる被害に遭っていたことが4日、府警への取材で分かった。

 府警によると、11月下旬、大阪市港区の金融機関から「家具を買う目的で高額出金をしようとしている高齢の女性がいる」と通報があった。

▼途中で分からなくなる、対人関係が不安…増える「大人の“発達障害”」

 女性は、数日前から息子をかたる男から「友達と投資をしたが、友達は会社の金を横領していた。返さなくてはいけない」と電話があり、男が実の息子と信じ込んでいた。

 駆けつけた巡査部長は、女性に家族と連絡を取るよう依頼したが、女性は息子とつながっているとして、詐欺グループの男との電話を代わった。巡査部長は男が「家具を買うと聞いている」などと話したことから詐欺を見抜けなかった。

 女性は現金約300万円を引き出し、この日に、市内の駅近くで息子の代理人を名乗る男に手渡した。

▼売春の場に…「1円セール」スーパー玉出の創業者、過去も暴力団と

 府警は事件後、特殊詐欺にだまされている高齢者を見抜くための留意点を府内全署に改めて通知した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ