PR

産経WEST 産経WEST

仏像の平均年齢は38歳 奈良大生が表情測定し研究結果発表

Messenger
仏像の表情を数値化する調査を実演する奈良大学の学生=4日、大阪市北区(川西健士郎撮影)
仏像の表情を数値化する調査を実演する奈良大学の学生=4日、大阪市北区(川西健士郎撮影)

 興福寺(奈良市)の阿修羅像が魅力的なのは、「悲しみ」と「喜び」の表情が共存しているから-。人間の顔の感情測定技術を仏像に応用するプロジェクトに挑戦している奈良大学の学生調査チームが4日、そんな研究結果を発表した。

 米マイクロソフト社による人工知能(AI)を使った2種類のソフトで分析。無作為に選んだ216体の仏像の顔の画像データを測定した。

 仏像の表情を、怒り、喜び、中立、悲しみなど8つの指標で数値化。特徴的な結果が出たのが阿修羅像で、喜び、悲しみの相反する数値がともに高く出たという。調査チームは、「人間らしく、親しみのある慈愛の表情であることが数値から読み取れる」と分析している。

 仏像の推定年齢も測定され、阿修羅像は23歳。測定できた仏像の平均は38歳で、最高年齢は西大寺(奈良市)の叡尊上人像(えいそんしょうにんぞう)の83.5歳だった。

 アルカイック・スマイルが特徴の飛鳥時代の仏像は喜びが高く、写実的とされる奈良・鎌倉時代のものは怒りが高い傾向に。指導した関根俊一・奈良大副学長(仏教美術史)は「数値の傾向は、仏像が彫られた時代背景を示している可能性がある」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ