PR

産経WEST 産経WEST

新日鉄住金の被害4億円超 兵庫県警、元社員ら追送検

Messenger

 鉄くずの架空取引で代金をだまし取ったとして、新日鉄住金広畑製鉄所(兵庫県姫路市)元社員らが逮捕された事件で、兵庫県警捜査2課は4日、詐欺の疑いで元社員、田島智生(ちせい)被告(43)=住所不定、同罪で起訴=と鉄くず業者の男2人を追送検し、総額約4億8700万円の被害を裏付け捜査を終えたと発表した。いずれも容疑を認めている。

 県警は8月、鉄くずを納入したように装って同社に代金名目で現金を支払わせ、別業者を通じて詐取したとして田島容疑者らを逮捕。昨年までの約5年間で計約5億円の被害があるとみて捜査を続けていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ