PR

産経WEST 産経WEST

【話の肖像画】漫画家・水野英子(79)(1)運命を決めた手塚作品

Messenger

 私は祖母と兄に育てられました。父と母は満州で出会って結婚し、父は敗戦の混乱の前に母を日本に帰したのですが、自分は帰ってこられませんでした。母は40代前半で病死しました。どこで見つけたのか私によく本を買ってきてくれ、絵も上手だったそうです。(聞き手 鵜野光博)

                   

【プロフィル】水野英子(みずの・ひでこ) 昭和14年、山口県下関市生まれ。30年、漫画家デビュー。33年3月から10月まで、手塚治虫や石ノ森章太郎らが暮らした東京都豊島区のアパート「トキワ荘」に入居する。代表作に「星のたてごと」「白いトロイカ」「ファイヤー!」(第15回小学館漫画賞受賞)など。平成22年、第39回日本漫画家協会賞文部科学大臣賞を受賞。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ