PR

産経WEST 産経WEST

大阪・岸和田市議会百条委が前市長の証人喚問実施へ

Messenger

 大阪府岸和田市の信貴芳則前市長の現金提供問題を追及している市議会の政治資金問題調査特別委員会(百条委員会)は30日、信貴前市長の証人喚問を12月20日に実施することを決めた。信貴氏は体調不良を理由に「出席できない」としていたが、「一定の治療のめどが立った」として喚問に応じる姿勢を示した。

 同特別委では1月、信貴氏から預かった現金200万円を自民党大阪府第18選挙区支部長の神谷(かみたに)昇衆院議員=比例近畿=に渡したと証言した元自民党岸和田支部組織部長の日田孝志氏を、7月には神谷衆院議員を証人喚問。信貴氏にも出席を求めていたが、2月の出直し市長選や選挙後の体調不良を理由に実施が遅れていた。

 信貴氏は初当選した平成25年の市長選前に自民党の推薦を得るため、日田氏に現金を提供したことが昨年11月の再選直後に発覚。「改めて信を問う」と辞職し、今年2月の出直し選に出馬したが、落選した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ