PR

産経WEST 産経WEST

京都・向日町競輪場にBMX練習施設オープン

Messenger
波形のボード上でスピードと技を競う子供たち(写真はイメージ)
波形のボード上でスピードと技を競う子供たち(写真はイメージ)

 近年、自転車を使った都市型スポーツとして人気が高く、2020年東京五輪の正式種目に採用されたBMX(Bicycle Motocross)の練習施設を、京都府と向日町競輪場(同府向日市)が場内に設置した。上級者から子供までランク別に3コースあり、12月9日から利用できる。このような練習施設を競輪場内に設けるのは全国初という。

 施設名は「サイクルパーク 京都」。1日から2日間、同競輪場で「BMXフリースタイル Japan Cup(ジャパンカップ)」が府内で初めて開催されるのを機に、BMXの競技人口の裾野を広げるのが目的だ。

 コースは競技レベルに応じて3種に分類。中・上級者向けではフェンスで囲んだ10メートル×40メートルの空間に3台のジャンプ台を置く。5歳~入門者向けでは波形のボードを置き、2~6歳向けではカラーコーンで区切ったコースがそれぞれ設けられる。

 開設日は原則、毎週土曜・日曜日と祝日。利用時間は午前10時から午後3時半で、利用料は保険などの実費として500円程度になる見込み。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ