PR

産経WEST 産経WEST

姫路-大阪間で来春から通勤特急運行 JR西

Messenger
来春から姫路-大坂間を走る通勤特急「らくラクはりま」の車両(JR西日本提供)
来春から姫路-大坂間を走る通勤特急「らくラクはりま」の車両(JR西日本提供)

 JR西日本は30日、来春から神戸線の姫路-大阪間で通勤特急「らくラクはりま」の運行を始めると発表した。料金は姫路-大阪間の指定席1490円、自由席970円で、別途運賃が必要。所要時間は約1時間で、現在運行中の新快速(1時間5~10分)とほぼ変わらないが、「確実に座って通勤したい」というニーズに応える。

 停車駅は姫路、加古川、西明石、明石、神戸、三ノ宮、大阪駅。平日朝に大阪方面行きへ、夕方に姫路方面行きを1本ずつ運行する。車両は289系の6両編成で、座席数は351席。このうち、18席は女性専用席とする。

 神戸線では、すでに特急列車の「はまかぜ」や「スーパーはくと」が運行しているほか、来春から新快速で有料座席サービス「Aシート」も導入される予定。多田真規子神戸支社長は記者会見で「さまざまなニーズを受けての対応。場合によって使い分けていただけたら」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ