PR

産経WEST 産経WEST

「大家が同情を…」家賃滞納で強盗被害の虚偽110番

Messenger

 強盗被害に遭ったとする虚偽の110番をしたとして、大阪府警都島署は29日、偽計業務妨害容疑で、大阪市西成区内の無職男(43)を書類送検した。

 同署によると、男は容疑を認め、「マンションの家賃を滞納し追い出されそうになった。強盗に遭ったと言えば大家が同情して家賃の支払いを待ってくれると思った」と供述している。

 書類送検容疑は8月31日午前2時55分ごろ、大阪市都島区片町の路上で、「男に現金3万8千円が入ったビジネスバッグをひったくられた。顔面を殴られてナイフを出され、『しばくぞ』と言われた」と虚偽の110番をし、警察の業務を妨害したとしている。

 同署によると、この通報を受けて府警は緊急配備を敷いたが、男の説明が曖昧だったため、詳しく状況を聴いたところ、通報から約2時間後に虚偽だったことを認めたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ