PR

産経WEST 産経WEST

東山浄苑でも坂東曲 宗祖・親鸞しのぶ

Messenger
宗祖・親鸞をしのび東山浄苑東本願寺でも坂東曲が営まれた=京都市山科区
宗祖・親鸞をしのび東山浄苑東本願寺でも坂東曲が営まれた=京都市山科区

 親鸞の命日にあたる28日、京都市山科区の東山浄苑で、本願寺文化興隆財団の大谷暢順理事長が導師となって「坂東曲(ばんどうぶし)」が営まれ、僧侶らが力強い所作と高らかな声で宗祖をしのんだ。

 親鸞の命日の前後に営まれる法要「報恩講」の最終日に行われる声明(しょうみょう)。僧侶らが体を前後左右に揺らしながら、独特の節回しで念仏を唱えることで知られる。

 この日は、本堂で約300人の参詣者らが手を合わせる中、約40人の僧侶が着座したまま一斉に体を大きく揺らし、念仏を唱和した。

 坂東曲の由来は、親鸞が越後に流罪となった際、嵐の荒波に揺られる船の中で念仏を唱えた姿を表わした-など諸説がある。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ