PR

産経WEST 産経WEST

【関西の力】発掘魂(1)宮内庁に激震、文化庁より格上…「飛鳥美人」守る村

Messenger

 古代の日本の首都として、宮殿跡や天皇の古墳などが集中する奈良県。なかでも、7世紀の飛鳥時代に歴代天皇が都を置いた飛鳥地域(明日香村、橿原市)の発掘調査は、奈良文化財研究所(奈良市)や奈良県立橿原考古学研究所(橿原市)という日本を代表する研究機関に加え、人口わずか5600人ほどの明日香村などが担う。「日本」という国がいつ誕生したのか。その謎を探るべく、互いに競うように土を掘る。

直感で世紀の発見 「飛鳥のシュリーマン」

 雨雲が垂れ込めた昼下がり。真っ暗な石室の中に、雲の切れ間から一筋の陽光が差し込んだ。

 「壁に色のついた絵がある。人の顔や」

 昭和47(1972)年3月21日、明日香村の高松塚古墳を調査していた当時関西大助教授だった網干善教さん(故人)は声を上げた。

 のちに「飛鳥美人」と呼ばれる壁画が発見された瞬間だった。押し入れほどのスペースしかない石室(全長2・6メートル、幅、高さ約1メートル)に、赤や黄、緑などカラフルな宮廷衣装をまとった貴人が描かれていた。

壁画発見直後の石室内。天井からは根が垂れ下がり、飛鳥美人(中央奥)や玄武(右)が見えた=昭和47年3月21日(花井節二さん提供)
壁画発見直後の石室内。天井からは根が垂れ下がり、飛鳥美人(中央奥)や玄武(右)が見えた=昭和47年3月21日(花井節二さん提供)

 発掘のきっかけは村の歴史好きの男性7人。古代ギリシャのトロイ遺跡(トルコ)を発見した民間のドイツ人、シュリーマンにちなんで「飛鳥のシュリーマン」と呼ばれた。農作業など仕事の合間を見つけては村を歩き回り、古代の瓦や土器を探していた。

「あす絵が落ちるかも…写真いま撮影してほしい」

 高松塚古墳の調査は偶然だった。地元の農家が、ショウガを保管する穴を掘ると、レンガ状の石が見つかった。この話を聞きつけた彼らが「特別な石では」と直感。村出身の網干さんに伝えて発掘が実現した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ