PR

産経WEST 産経WEST

【「鬼筆」越後屋のトラ漫遊記】どん底から頂点へのキモは…

Messenger
阪神の球団納会であいさつする矢野新監督=21日、大阪市内
阪神の球団納会であいさつする矢野新監督=21日、大阪市内

 「優勝してファンを喜ばせたい」-。阪神・矢野燿大(あきひろ)新監督(49)の「来季必勝宣言」は大風呂敷なのか、それとも自信があるのか。分析するとそこにあるのは…。阪神は21日に大阪市内のホテルで球団納会を行い、矢野新監督は「2019年シーズンはみんなで勝って、優勝してファンを喜ばせたい」と語りました。優勝を目標にするのはペナントレースを戦う球団として当然ですが、肝心要はチームに優勝を狙える力があるのかどうか、です。今季は62勝79敗2分けで最下位。どん底から頂点への“キモ”は脱・金本采配に尽きるのかもしれません。

 力強い発言でした。矢野新監督が就任して初めて迎えた球団納会。藤原次期オーナー(12月1日就任予定)や揚塩球団社長、平田2軍監督ら1、2軍コーチ陣、全選手、球団職員を前に壇上に立った矢野新監督はこう語りました。

 「タイガースファンは、勝って喜んで、その結晶が優勝になっていくんです。2019年シーズンはみんなで勝って、そして優勝してファンを喜ばせたい。勝つこと、優勝することだけでは足りない。勝つこと以外のプラスワン。何か、みんなの中で考えてもらいたい。一番大きな目標、優勝は大変、難しい目標ではありますけど、さらに上のファンを喜ばせるところを目指してやっていきたい」

 矢野新監督は最大の目標として「来季の優勝」を掲げました。さらに(2)選手に自己アピールを求め(3)喜怒哀楽を表に出し(4)打撃投手や裏方への感謝を求め(5)球団フロントとの一致団結-をアピールしたのです。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ