PR

産経WEST 産経WEST

監禁被害者に5千万支払い強要 容疑で弁護士を逮捕

Messenger

 監禁致傷事件の被害に遭っている男性を脅し、5千万円の支払いを約束させる書類に署名させたとして、大阪府警捜査4課は24日、強要容疑で大阪弁護士会所属の弁護士、東(あずま)正人容疑者(50)=大阪市天王寺区勝山=ら4人を逮捕した。東容疑者は容疑を認めている。

 ほかに逮捕されたのは大阪市生野区田島、自動車販売業、中城(なかじょう)則幸容疑者(42)らで、中城容疑者は捜査当局が「中城グループ」と呼んで警戒する「半グレ」のリーダー。

 4人の逮捕容疑は4月29日午後9時ごろ、大阪市北区西天満の東容疑者が賃貸契約している事務所で、20代男性に「サインしなかったら分かっているやろ」と脅迫。東容疑者が作成した、損害賠償などとして現金5千万円の支払いを約束させる書類に署名、指印させたとしている。

 同課によると、男性は中城容疑者らが経営するインターネットカジノ店から数十万円を奪う強盗事件を起こしており、書類はこの強盗事件に対する示談書との名目だった。

 東容疑者を除く3人はすでに、4月28日未明~5月1日朝、この男性を裸にして両手両足を結束バンドで拘束したうえ顔を数十回殴るなどして重傷を負わせたとする監禁致傷罪で、起訴されている。

 東容疑者は数年前から中城グループと関係があり、この示談書を作成する報酬として数万円を受け取ったとみられるという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ