PR

産経WEST 産経WEST

2025年万博、大阪で「常識打ち破る万博に」

Messenger
万博開催が決定しくす玉を割って喜ぶ地元商店街の関係者ら=24日午前1時8分、大阪市中央区(安元雄太撮影)
万博開催が決定しくす玉を割って喜ぶ地元商店街の関係者ら=24日午前1時8分、大阪市中央区(安元雄太撮影)

 【パリ=杉侑里香】2025年国際博覧会(万博)の開催地を決める博覧会国際事務局(BIE)の総会が23日、パリで開かれ、加盟国による投票の結果、大阪誘致を掲げた日本がロシア(エカテリンブルク)、アゼルバイジャン(バクー)を破り、開催地に選ばれた。日本での大規模万博は1970年の大阪、2005年の愛知以来、3度目。大阪万博は55年ぶり2度目となる。

 投票は加盟170カ国のうち、資格を有する156カ国の無記名方式で実施された。1回目の投票は日本85票、ロシア48票、アゼルバイジャン23票。いずれも3分の2以上に満たず、最下位のアゼルバイジャンをのぞいて決選投票が行われ、日本が92票を得て、61票のロシアを下した。

 松井一郎大阪府知事は総会会場内で記者会見し、「これまでの万博の常識を打ち破る、世界の課題解決を実現する、そういう万博でありたい。ここからがまたスタートになる」と抱負を語った。世耕弘成経済産業相は「2020年東京五輪・パラリンピック後の大きな目標が日本にできた」と喜んだ。

 安倍晋三首相も談話を発表し、「大変うれしく思う。開催地のみならず、わが国を訪れる観光客が増大し、地域経済が活性化する『起爆剤』になると確信している」と歓迎した。

 総会では各立候補国の最終プレゼンテーションに続いて、加盟国による投票に移行。会場内の別室で投票の行方を見守っていた松井氏ら日本の誘致関係者は、決選投票を制した瞬間に立ち上がって両手を上げ、喜びを爆発させた。

 日本の開催テーマは「いのち輝く未来社会のデザイン」。大阪湾の人工島・夢洲(ゆめしま)の155ヘクタールで、25年5月3日~11月3日の日程で開催する。会場を「未来社会の実験場」と位置づけ、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)といったテクノロジーを駆使したイベントを検討している。再生医療やロボット技術などを通して「多様で心身ともに健康な生き方」を追求する。会期中の来場者は2800万人、経済効果は1・9兆円を見込んでいる。

 今後の具体的な開催計画について、会見で世耕氏は「大きなシンボルタワーが真ん中にあるようなパビリオンの設計ではなく、(参加者と)ともに考えていくコ・クリエーション(共創)のコンセプトをしっかり打ち出す」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ