PR

産経WEST 産経WEST

おやつ代を不正流用の職員を懲戒処分 大阪・枚方

Messenger

 大阪府枚方市教育委員会は22日、学童保育のおやつ代を不正に流用したとして、放課後児童支援員の非正規職員の女性(59)を停職6カ月の懲戒処分にしたと発表した。女性職員は同日付で退職した。

 市教委によると、女性職員は、10月3日、児童の保護者からおやつ代として集めて銀行や金庫に保管していた現金約21万円を自宅に持ち帰り、そのうち約19万円を滞納していた家賃に充てるなど不正に流用したとしている。今月9日、おやつの納入業者の指摘で発覚。流用した全額は返還された。

 また、同市は22日、寝屋川市内の路上で女性らに下半身を見せたとして、公然わいせつ容疑で大阪地検に書類送検された枚方市上水道工務課の男性係長(38)を停職6カ月の懲戒処分とした。同市によると、今年8月10日、寝屋川市内の居酒屋で飲酒後、路上2カ所で、女性に下半身を見せたとしている。

 このほか、枚方寝屋川消防組合も、電車内で下半身を露出したとして、滋賀県警に公然わいせつ容疑で逮捕された同組合寝屋川消防署の消防士の男(31)を停職6カ月の懲戒処分にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ