PR

産経WEST 産経WEST

推薦入試、過疎出身者に加点 神戸大医学部「不適切」と謝罪

Messenger
会見で謝罪する神戸大の的崎尚医学研究科長・医学部長(中央)ら=22日午後、神戸市中央区(山田太一撮影)
会見で謝罪する神戸大の的崎尚医学研究科長・医学部長(中央)ら=22日午後、神戸市中央区(山田太一撮影)

 神戸大は22日、兵庫県出身者が受験できる医学部の推薦入試の地域特別枠で、募集要項に明記しないまま県内の過疎地域出身者に加点していたと発表した。大学医学部の不正入試をめぐる問題で、国立大の不適切な配点が明らかになったのは初めて。平成27年度入試から始まり、30年度入試では最大25点を加点していた。今後、追加合格者が出る可能性もあるという。

 神戸市内で記者会見した藤井勝副学長は「不適切なことと考えており、受験生に深くおわびする」と謝罪した。一方、不適切な配点をした理由について、的崎尚(たかし)医学部長は「県内で医師や公立病院の数が不足している地域を重視することが、地域に定着する医師の養成に資すると考えた」と釈明した。

 神戸大によると、地域特別枠は過疎地域で医師を定着させようと、県内の高校卒業予定者や在住者を対象に平成22年度入試から始まった。

 加点は27年度入試から。30年度入試(定員10人)では、大学入試センター試験(800点)や書類審査(100点)など1200点満点のうち、書類審査の25点分の枠内で過疎地域出身者が有利になるよう配点していた。

 具体的には、県北部の但馬(豊岡市など)と西播磨(たつの市など)に25点▽北播磨(西脇市など)と丹波(篠山市など)、淡路に20点▽阪神北(三田市など)と東播磨(加古川市など)、中播磨(姫路市など)に10点-をそれぞれ加点。阪神南(尼崎市など)と神戸市内は加点ゼロだった。

 私大医学部の入試で不正が相次いだことを受け、文部科学省が全国の医学部を調査した中で発覚した。神戸大は今後、弁護士らでつくる調査委員会を設置し、背景などを詳しく調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ