PR

産経WEST 産経WEST

拉致被害者、松本京子さんら救出へ 鳥取県米子市で「早期解決を願う国民のつどい」

松本京子さんの早期帰国実現を訴える兄の孟さん=鳥取県米子市
Messenger

 鳥取県米子市で北朝鮮に拉致された松本京子さん(70)=拉致当時(29)=らの救出に向けた「拉致問題の早期解決を願う国民のつどい」が20日、米子コンベンションセンター(同市)で開かれた。拉致から41年が経過し、松本さんの兄の孟(はじめ)さん(71)は「妹に早く星のきれいな米子で生活してほしい」と、早期の帰国実現を訴えた。

 つどいは国や県などが共催し、今年で9回目。拉致問題担当相の菅義偉(すが・よしひで)官房長官は「政府として問題解決に向け、あらゆるチャンスを逃さない。正念場を迎えている」とのメッセージを寄せた。続いて孟さんが「妹には北朝鮮の寒い冬を乗り切ってほしい。帰国に向けて力をいただきたい」と支援を呼びかけた。

 県内の特定失踪者の家族も解決への協力を訴え、西岡力・東京基督教大教授の講演の後、帰国を願うコンサートで締めくくった。

 松本さんは昭和52年10月21日、自宅から近くの編み物教室に向かう途中で拉致され、平成18年に拉致被害者に認定された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ