PR

産経WEST 産経WEST

徳島県三好市の黒川市長が「赤旗」を盗用し、釈明 「思いが全く一緒だった…」

Messenger

 徳島県三好市の黒川征一市長(71)が、市の広報紙に掲載したコラムに、共産党機関紙「しんぶん赤旗」のコラムから表現を盗用していたことが17日、分かった。市長は「赤旗を購読しており、私の考えや思いが全く一緒だったのでそのまま使わせてもらった。軽率だった」と盗用を認めている。

 黒川市長は「市報みよし」11月号で「ペテン師は許せない」と題する市長コラムを掲載。「ぺてん」という言葉の由来から油圧機器メーカーによる検査データの改竄(かいざん)問題などへと話題を展開したが、10月21日付のしんぶん赤旗の1面コラム「潮流」の構成と酷似していた。

 「製造や建設業に携わる企業の相次ぐ不祥事は日本のモノづくりの土台を掘り崩して」や「社会にまん延すれば、人びとを結びつける信用や信頼の輪が壊れ、疑心暗鬼がはびこる殺伐とした世になりかねません」という表現は潮流と全く同じだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ