PR

産経WEST 産経WEST

京都スーパー女性刺傷、殺人未遂容疑で45歳男逮捕

女性が刺された「スーパーイズミヤ高野店」に入る捜査員ら=16日午後3時27分、京都市左京区(永田直也撮影)
Messenger

 京都市左京区のスーパーで16日午後、パート従業員の女性(35)が男に首などを刺された事件で、京都府警は同日、殺人未遂の疑いで、近くに住む無職、藤井裕幸容疑者(45)を逮捕した。容疑を認めているという。

 府警によると、事件は午後2時5分ごろ、同区高野東開町のスーパー「イズミヤ高野店」で発生。女性従業員は、スーパー1階食料品売り場のレジ付近で、背後からいきなり背中や首など計7カ所を刺された。女性は搬送時に意識はあったが、詳しいけがの程度は不明。

 犯人は現場から逃走したが、目撃情報などから、スーパーから約200メートル北東の集合住宅に向かった疑いがあることが判明。府警は午後3時20分ごろ、この集合住宅に住む藤井容疑者の身柄を確保していた。

 容疑者の自室からは、血のついた包丁が見つかったほか、着ていた服にも血のような痕が付いていたという。

 現場は叡山電鉄茶山駅の北西約400メートルの商業施設や住宅が立ち並ぶ地域で、近くには中学校や下鴨神社がある。京都市教育委員会によると、現場周辺の小中学校約10校が男が確保されるまで児童・生徒を学校に待機させ、確保後も保護者付き添いや一斉下校の措置を取った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ