PR

産経WEST 産経WEST

8Kテレビ、ワゴン車内でスゴさ体感…シャープ、年末へ「行商」作戦

80インチ型の8Kテレビを上映するシャープの「8K4K体感キャラバンカー」の車内=16日午前、大阪市北区(織田淳嗣撮影)
Messenger

 超高精細画質「8K」の映像を多くの人に視聴してもらおうと、シャープが8Kテレビを積んだ専用ワゴン車の運用を始めることが16日、分かった。今月下旬から来年3月まで全国各地の町の電器店など約1000件を訪問する計画で、要望に応じて個人宅にも出掛けていく。12月1日にNHKが8Kの衛星放送を開始するのを前に、シャープは8K対応の新型テレビを今月17日に発売。冬のボーナスシーズンを迎えて年末商戦の目玉にしたい考えで、ワゴン車での“行商”に乗り出す。

 16日に報道陣に公開された「8K4K体感キャラバンカー」には、旗艦商品のチューナー内蔵80インチ型の8Kテレビ、60インチ型の4Kテレビなどを搭載。車内に座り画面から75センチ程度の距離で、寺院や自然の風景の映像を大画面で視聴できる。

 担当者は「車内での視聴は没入感があり、4Kと8Kの映像の差異も感じられる。まずは8Kをよく知ってもらいたい」と話す。同社はキャラバンカーを4台運用する。

 シャープは昨年の年末商戦で初めて8Kテレビ(108万円前後、70インチ)を発売。今年3月までの販売目標を1千台としていたが、達成できていない。17日発売の8Kテレビは、4機種で価格は75万円~200万円。販売目標の数値は非公表だが「昨年度の10倍」と強気だ。すでに家電量販店では、展示コーナーを設けてPR。さらにキャラバンカーで積極的に各地にまわり、製品の性能を知ってもらい、購入につなげたい考えだ。

 一方、パナソニック、ソニーなどの国内大手メーカーでは、8Kテレビの投入予定はなく、商戦の目玉は4Kテレビ。市場は50インチ以上のテレビが今年になって、ほぼ100%が4Kになったばかり。民放では12月に4K放送が衛星で本格的に始まるが、8K放送はNHKだけで、8Kテレビの投入には慎重だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ