PR

産経WEST 産経WEST

広がる「楠木正成・大河ドラマ誘致協」 会長の大阪・河内長野市長が門川・京都市長を表敬

楠木正成の大河ドラマ化実現に向け、ガッツポーズで気勢を上げる誘致協のメンバー。左から2人目が門川大作・京都市長=京都市役所
Messenger

 「楠公(なんこう)さん」の愛称で知られる南北朝時代の武将・楠木正成と嫡男・正行(まさつら)をテーマにNHK大河ドラマ化実現を目指す自治体で作る誘致協議会が、着実な広がりをみせている。構成メンバーは近畿が中心で京都、神戸、大阪、堺と関西の政令指定都市すべてを含む5府県35市町村が加盟済み。16日には誘致協会長の島田智明・河内長野市長らが門川大作・京都市長を表敬訪問し、意見交換を行った。

 この日、阪口伸六・高石市長(府市長会会長)、松本昌親(まさちか)・千早赤阪村長(府町村長会会長)らと門川市長のもとを訪れた島田市長は「京都は日本の歴史を語るうえで欠かせない。京都市が入ってくれたことで、ますます大河(ドラマ化実現)に近づいた」と期待を寄せた。

 誘致協は今年4月に25市町村で発足し、これまでに大阪市、芦屋市(兵庫県)といった近畿の自治体以外に鳥取県大山町も参加。京都市へも参加を呼びかけたところ、9月下旬に加入が決まった。

 島田市長一行の訪問を受けた門川市長は「子供の頃に楠木正成の本を読み、強烈な印象が残っている。人の生き様は『一番の学び』」と強調。「今の日本を作った先人をしっかりと学んで未来に生かしていく、さらに地域振興に生かすことは非常に大事。しっかりと連携し(大河ドラマ化実現に)取り組んでいきたい」と語った。

 『太平記』は、隠岐から帰って鎌倉幕府を倒した後醍醐天皇が、楠木正成の先導で京都に帰還したと記す。こうした点を捉えても、京都は正成を語るうえで欠かせない場所のひとつといえる。

 島田市長は正成を祭神とする湊川神社(神戸市)の起源となった墓所に幕末の志士らが訪れ、明治維新実現の力につながった点も説明。教育面の効果についても触れ「正成の生き方で、われわれは学ぶところがある。生き様に感銘を受けることで学び、それを元に(各自が)成長していける点で、(正成は)とても良い題材」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ