PR

産経WEST 産経WEST

岐阜市の豚、豚コレラ陽性 感染は2例目

 岐阜県は16日、「岐阜市畜産センター公園」の豚1頭を遺伝子検査したところ、豚コレラの陽性反応が出たと発表した。県は施設内の豚計23頭の殺処分を進めている。岐阜市の養豚場で9月、国内で平成4年以来となる感染が確認されており、2例目。

 県によると、15日午後2時40分ごろ、市の獣医師が県に「豚1頭の元気がなく、発熱もある」と通報。16日午前1時、県の遺伝子検査で陽性となった。

 県内ではこれまでに49頭の野生のイノシシの感染が確認されている。うち2頭は9月下旬、施設の公園内で見つかっているが、県によるとその時点では豚に異常はみられなかった。

 岐阜市の養豚場では9月3日に豚1頭が死に、9日に陽性が確定した。農林水産省の疫学調査チームが感染源などを調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ