PR

産経WEST 産経WEST

歴史あるまちで映画イベント…上映に魅力プラス

風情ある町並みが残る「富田林寺内町」=大阪府富田林市
Messenger

 江戸時代の風情が残る町並みで知られる「富田林寺内町(じないまち)」(大阪府富田林市)を舞台にした映画イベント「富田林寺内町シネマ+(プラス)」が16日、開幕する。地区内の旧家や寺院などでミニシアター系を中心とする11作を上映する予定で、トークショーなども併せて行い、地域に根ざした魅力を「プラス」することを目指すという。(藤崎真生)

 有志らで構成される実行委員会が、映画上映を通じて約460年の歴史を持ち、府内唯一の国の「重要伝統的建造物群保存地区」になっている富田林寺内町の魅力を広めようと企画。今年で2回目を迎えるにあたって、「つなぐ。」をテーマに、映画を上映するだけでなく別のイベントを付け加えることで、作品や地域の魅力をより深く知ってもらう狙いがあるという。

 17日午後7時からは古民家を改装したイベントスペース「寺内町もりひろ亭」で、「ラジオ・コバニ」(2016年、オランダ)を上映。作品では過激組織「イスラム国(IS)」との戦闘でがれきになったシリア北部の都市で、友人とラジオ局を立ち上げた大学生の姿を描く。上映後は「私たちが知らない中東・シリア」と題し、シリア関連の活動に取り組むゲストに語ってもらう。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ