PR

産経WEST 産経WEST

駅の階段で女子高生に体液 京都府教委指導主事を逮捕

Messenger

 女子高校生の体やバッグに体液をかけたとして、京都府警は15日、暴行と器物損壊の容疑で、京都府教育委員会学校教育課指導主事の平田匡嘉容疑者(50)=京都市伏見区淀本町=を逮捕した。容疑を否認している。

 逮捕容疑は10月19日午前8時20分ごろ、京都市上京区の駅構内の階段で、女子高校生(18)の体に体液をかけ、着ていたカーディガンや背負っていたリュックサックなどを汚したとしている。

 府警によると、高校生は階段を上っている最中、右足首に液体がかかるのに気付いた。その際、後ろから追い抜く男を不審に思い、駅員に相談したという。DNA型鑑定などの結果、容疑者が特定された。

 府教委は「状況を確認してしかるべき対処をしたい」とコメントしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ