PR

産経WEST 産経WEST

ドア開けたまま1メートル前進 兵庫・西宮のJRさくら夙川駅、女性客が足捻挫

 JR西日本は14日、兵庫県西宮市神楽町のJR東海道線さくら夙川(しゅくがわ)駅で、加古川発長尾行き普通電車(7両編成)が、利用客の乗降中にホーム側のドアが開いたまま約1メートル前進するトラブルがあったと発表した。このトラブルで女性1人が足を捻挫するけがを負った。ほかの乗客約250人にけがはなかった。

 JR西によると、同日午前8時40分ごろ、電車が駅に停車した際、男性運転士が停車の衝撃を和らげようとブレーキを少し緩めた。そのままドアを開けたところ前進したため、再びブレーキをかけたという。

 JR西は「乗務員へ周知徹底し、同様の事案が発生しないよう対策する」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ