PR

産経WEST 産経WEST

梅毒急増、大阪に危機感 目立つ20代女性

Messenger

 大都市部を中心に急増している梅毒患者。中でも大阪府は100万人あたりの患者数が31.2人で、東京(同31.7人)と並び他の都市を引き離している。患者数は世界的に増加傾向にあり、訪日外国人客(インバウンド)の増加など国内外の移動の活発化が影響しているとの指摘も。海外からの誘客を狙う2025年万博やカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す府にとって対策は急務だ。

■急増した理由、予防方法と治療方法は…

 「過去にない増え方だ」。府の担当者は梅毒の広がりに危機感を隠せない。府の患者数は今年1~11月時点で997人。6年前の10倍で、昨年1年間の845人もすでに上回った。女性患者の急増も目立っており、昨年の性別年代別の報告数は、20代の女性が最多だった。

 なぜ増加するのか。東京都内で性感染症の診療に当たる「プライベートケアクリニック東京」院長の尾上泰彦医師は「疫学的調査が行われていないので不明」とした上で、「複数の人と性行為する人の増加、梅毒流行国からの観光客の増加などが影響を及ぼしているとの見方がある」と指摘する。

▼外国人医療費、際限なし 入国目的偽り治療

 世界保健機関(WHO)の2012年の統計によると、世界の梅毒感染の報告数は約600万人。特に東南アジアやアフリカ地域で多くなっており、先進国でも増加傾向にある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ