PR

産経WEST 産経WEST

神戸空港で国際定期チャーター便を関経連が提案へ

Messenger

 ただ関経連は、3空港懇が承認すれば国際定期チャーター便を運航できるとして、関係自治体に働きかける。騒音問題などで慎重論も根強い伊丹に比べ、海上空港で兵庫県の井戸敏三知事も国際定期チャーター便就航に意欲を示す神戸が取り組みやすいとみている。

 3空港懇座長の松本正義・関経連会長(住友電気工業会長)は今春、関西エアポートの3空港一体運営が始まったことを機に伊丹、神戸の規制緩和を議論する方針を示していた。関経連は、3空港懇を年内に開催する方向で調整している。

     

 ■関西3空港懇談会 関西国際、大阪(伊丹)、神戸の3空港の役割分担を協議するため、関西経済連合会の提唱で設置。関経連のほか、3空港の周辺自治体、国がメンバー。平成22年以降開かれておらず、開催されれば8年ぶり。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ