PR

産経WEST 産経WEST

万博誘致、ライバル吹聴の台風で「復旧力」PR

Messenger

 被災映像が衝撃的であるほど、回復までのコントラストは鮮明になる。「わが国なら、復旧まで半年はかかる」と感心されることもあったという。

 「海面から11メートルもの高さを確保している。夢洲はとても安全な場所です」

 パリの万博誘致フォーラムに出席した吉村洋文・大阪市長は、夢洲の地盤の高さを示す資料を示しながら、安全性を強調した。

 同市などによると、夢洲を含む大阪湾臨海部の埋め立て地は、現在考えられる最大規模の災害での津波や高潮被害を見越し、それに耐えられるように地盤を整備している。高潮の規模が「140年に1度」と言われた過去最大級の台風21号でも、実は夢洲の被害はほぼゼロだった。地盤の液状化対策のほか、島へのアクセスルートとなるトンネルや橋の耐震化改良工事も進めており、6月の大阪北部地震でも影響はなかったという。

 吉村市長は「パリで関空の話をすると、すべての国の人が(台風被害について)知っていた。ただ復旧のスピードが速く、技術力がすごいという評価の方が大きい。いろんなところで自然災害はある。対応力が重視されている」と手応えを口にした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ