PR

産経WEST 産経WEST

大阪・羽曳野市が白鳥型ドローンを導入

魂が白鳥となった倭建命(やまとたけるのみこと)の伝承にちなみ、大阪・羽曳野市が導入した「白鳥型」ドローン=8日、大阪府羽曳野市誉田(藤崎真生撮影)
Messenger

 世界文化遺産登録を目指す「百舌鳥(もず)・古市古墳群」を抱える大阪府羽曳野市は、機運を盛り上げようと白鳥型ドローンを新たに導入した。

 東征からの帰路に命を落とした倭建命(やまとたけるのみこと)の魂が白鳥となり、羽曳野にも降り立った伝説に由来。特注品となる白鳥の模型作製には、約30万円を投入した。

 別のドローンで撮影し、市のPR動画にも登場済み。重さの関係で白鳥のままカメラは装着できないが、「飛ばすだけでも注目を集めます」と担当者。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ