PR

産経WEST 産経WEST

11月11日はチンアナゴの日 「魅力知って」京都水族館でフェスタ開催中

巣穴から体を出し、水中で揺れるチンアナゴ=京都市下京区
Messenger

 11月11日の「チンアナゴの日」に合わせ、京都市下京区の京都水族館で、チンアナゴの魅力を伝える特別展示「ちんあなごフェス11・11」が開かれている。同日まで。

 チンアナゴは全長約30~40センチのウナギ目アナゴ科の海水魚。砂に堀った巣穴から体を出し、水中でゆらゆらと揺れる姿が人気を集めている。見た目が数字の「1」に似ていることから、11月11日は日本記念日協会にチンアナゴの日として認定されている。

 特設コーナーでは、チンアナゴとその仲間のニシキアナゴ計111匹を、11個の水槽に分けて展示。砂の中に身を潜め、普段は目にできない全身の姿や、尻尾から先に砂に潜る様子が観察できる企画もある。

 また、1日2回のエサやりの時間では、飼育員が水槽に入れたエサのプランクトンを巣穴から体を伸ばして食べる姿を見ることができる。大阪府寝屋川市の幼稚園児、吉田翠ちゃん(5)は「体を一生懸命伸ばしてエサを食べるところがかわいかった」と話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ