PR

産経WEST 産経WEST

学生ら新聞校閲作業に挑戦 関学出前授業

新聞の校閲作業について開かれた特別講座=9日、兵庫県西宮市の関西学院大
Messenger

 産経新聞社の社員らが講師を務める特別講座が9日、関西学院大(兵庫県西宮市)で行われた。この日は、新聞の正確性や信頼性について解説し、学生らが記事をチェックする校閲作業を体験した。

 この日の講師は、編集企画室の田井東一宏次長と社会部の河居貴司次長が担当。記事のチェックを行う校閲部の業務を紹介したうえで、あえて間違った内容が含まれた記事を使って、学生たちが校閲作業に挑戦した。

 特別講座は、関学大の秋学期の授業「経済事情F」(高林喜久生教授)の一環として行われ、「関西の地域振興と国際化」がテーマ。今回までの授業の前半は、新聞の読み方や記事の書き方などを学んだ。

 次回からは、産経新聞の幹部社員や一線で取材する記者らが、インバウンド(訪日外国人客)、災害、スポーツといったテーマに基づいて実際の取材体験などを講演する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ