PR

産経WEST 産経WEST

宝塚雪組トップ、望海風斗主演「ファントム」開幕

Messenger

 19世紀後半のパリ。素顔を仮面で隠し、オペラ座の地下に住むファントム(怪人)こと、エリックの葛藤や親への思慕、オペラ歌手を目指すクリスティーヌへの愛を描く。

 トップ、望海は役の心情を表現する高い歌唱力と演技力で、小さな幸せへの喜びや深い絶望など、心の機微を繊細に表現。ヒロインへの思いはもちろん、男役スターの彩風咲奈(あやかぜ・さきな)演じるオペラ座の前支配人、キャリエールとの、終盤の掛け合いの歌唱は胸を打つ。

 娘役トップ、真彩は圧巻の歌唱のみならず、夢を信じて前に進むヒロイン、クリスティーヌをリアルに演じ切った。男役スターの彩風は年齢の高い役柄を抑えた芝居で魅せた。

 男役スターの彩凪翔(あやなぎ・しょう)と朝美絢(あさみ・じゅん)は、劇場のパトロン、シャンドン伯爵と、欲深いオペラ座の新支配人という、2枚目と個性的な役を役替り。初日は彩凪が伯爵、朝美が新支配人を好演した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ