PR

産経WEST 産経WEST

大阪府警見当たり捜査班お手柄 指名手配翌日に詐欺犯を逮捕

Messenger

 新会社設立名目で交際相手から900万円をだまし取ったとして、奈良県警橿原署は7日、詐欺の疑いで住所不定、無職、辻本修作容疑者(53)を逮捕した。「だますつもりはなかった」と容疑を否認しているという。

 辻本容疑者は行方をくらませていたため、6日に県警が全国に指名手配。指名手配犯の顔や特徴を脳裏に焼き付け、雑踏の中から捜し出す大阪府警の「見当たり捜査班」の捜査員が翌7日に大阪市内で発見し、逮捕した。

 逮捕容疑は平成24年12月6日ごろ、当時交際していたパート保育士の女性(53)=同県橿原市=に、「産業廃棄物回収会社を新しく設立するために資本金が必要。1カ月以内に返済する」と嘘をいい、900万円をだまし取ったとしている。

 辻本容疑者は「本当に新会社を作る予定だったが、金を使い込んで作れなくなっただけだ」と供述しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ