PR

産経WEST 産経WEST

立冬に「こも巻き」 和歌山公園の松270本

和歌山公園の松の木にこもを巻く職員ら=和歌山市
Messenger

 「立冬」の7日、和歌山市の和歌山公園で恒例の「こも巻き」が行われ、松の木約270本の冬支度が整った。

 こも巻きは、わらで編んだ「こも」を松の幹に巻き付け、越冬のため枝から地中に下りてくるマツカレハの幼虫を誘い込んで駆除する害虫駆除法。薬剤を使わず松の木の生育を守ることができるとされる。

 この日は午前9時から、市和歌山城整備企画課の職員8人が3班に分かれて作業を実施。一の橋や二の丸庭園付近などで松の幹に長さ1・8メートルのこもを巻きつけていた。

 来年3月6日の「啓蟄(けいちつ)」に取り外し、焼却される。

 同課の内田信行・史跡整備班長は「江戸時代から続く和歌山城の冬の風物詩。これから紅葉も美しくなっていくので、紅葉とともに見て楽しんでほしい」と話している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ