PR

産経WEST 産経WEST

【世界を読む】韓国外交部で「ジャパンスクール」の凋落か…政権交代の余波かぶる

Messenger

 確かに、韓国は慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した日韓合意の「事実上の形骸化」を進め、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が合意に基づき設立された「和解・癒やし財団」の解散を示唆しており、前政権の外交を否定する動きが目立つ。

 さらに、韓国が主催観艦式で自衛隊旗「日章旗」の掲揚自粛を求め、日本が参加を見送ったにもかかわらず、韓国は観艦式当日、自粛要請に矛盾する形で、文大統領が乗る艦艇に抗日の象徴として英雄視される李氏朝鮮の李舜臣(イ・スンシン)将軍の旗を掲揚するなど、日本を刺激する行動を続けている。竹島(島根県隠岐の島町)の領土問題や元徴用工をめぐる訴訟などの難題も山積している。

 聯合ニュース(同)によると、日韓合意以降、韓国国内で合意に対する批判が巻き起こるなかで、外交部の対日外交担当職員の一部がカウンセリングを受けなければならないほど極度のストレスを訴えていたとされる。

 こうした事情を踏まえ、中央日報(同)は、外交部元幹部のこうしたコメントを掲載した。

 「慰安婦合意の事例で分かるように、政権が変われば外交方向が180度変わる状況で、若い外交官が危険を好むはずがないだろう」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ