PR

産経WEST 産経WEST

【夕焼けエッセー】70円のつり銭

Messenger

 酒席に向かうため小雨の中を路線バスに乗った。ちょうど帰宅時間と雨とが重なり車内は混み始め、乗務員は、急いでバスに乗りこもうとする乗客に、乗り降りが安全に行えるよう配慮していた。

 高校生から小学生まで通学に利用する学生客は、下車するたび必ずと言っていいほど、乗務員に対し「有難うございます」と謝意を伝えていたのが印象的だ。年に3回ほどしかバスを利用しないが、このいつもの光景には、かかわり合いが希薄になり空虚な世相にあって何かしら心和むものがある。

 とあるバス停に差し掛かったとき、支払いをしようとする列の最後に1人のランドセルを背負った女の子が並んで待っていた。自分の番になって支払おうとするとき、女の子はバスの乗務員に、お金が足らないことを申し訳なさそうにか細い声で伝えた。すると乗務員はすかさず「大丈夫だよ。次乗ったとき払ってね」とやさしく女の子に伝え送り出した。

 酒席の帰り、最終のバスにも乗り遅れ、5キロの道のりを帰宅の途についた。歩く度に上着のポケットから小銭がジャラジャラと音をたて、なぜか酒席のひと時よりも車中での出来事の方が脳裏を離れなかった。なぜあの女の子はお金が足らなかったのか、これも格差なのか、そしてなぜ女の子の足りなかった分を私が払ってあげなかったのか。行きのバスのつり銭である70円を握り締め、自問自答を繰り返しながら、既に雨は上がり星空も見え始めていた環状道路を歩いて帰った。

謝花(じゃはな)文男(56) 基地従業員 那覇市

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ