PR

産経WEST 産経WEST

ズワイガニ初競り、「五輝星」200万円 鳥取港

初競りで200万円の過去最高値を付けた「五輝星」=11月7日、鳥取市の鳥取港
Messenger

 鳥取市の鳥取港で7日、日本海の冬の味覚、ズワイガニの初競りがあった。水揚げされたうちの3匹が県の最高級ブランド「五輝星」に認定され、1匹が最高値の200万円で競り落とされた。甲羅の幅が14・6センチ、重さは1・28キロ。

 五輝星の認定は2015年に始まり、これまでの最高値は16年に水揚げされた130万円だった。200万円で競り落としたのは鳥取市で鮮魚店を営む浜下哲爾さん(48)。「鳥取のカニを世界に発信したいという気持ちでこの値を出した」と話した。 初競りを見守った県漁協の前田紀久漁政指導課長(48)は「全国でもピカイチの値が付いてびっくり」と顔をほころばせた。

 県によると、五輝星は大きさや重さ、身が詰まっているかなどを市場関係者らが審査し認定。漁期全体で水揚げされたズワイガニのうち0・01~0・03%しかない。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ